秋の夕空

今日、夕方窓の外を見たら空がとても綺麗だったんです。

思わず写真撮ってしまいました。

 

カラスが並んで何羽も止まってて、

シルエットがなんとも言えません。

 

 


Cookpad plus買ってしまった

cookpad plus 秋号付録 リトルミイの本格腕時計

 

買っちゃいました。

すごくかわいいです。

 

MiWatch2tky.jpg

 

ベルトが壊れやすいそうなので、かなり丁重に扱ってます。

 

これを機に料理を……

 

もっと描きたいと思います。

作れって話ですが。

 

文字盤が結構大きいです。

あと、アナログ時計久々に見るので直感的に今何時かわからない。

数字書いてない。

 

でもかわいいです。

時計の位置ずらせば良かった!ミイの顔が……。

 

MiWatch1tky.jpg

 

ちょっと前にミイのポーチ欲しさにInRed買ったばかりで、

ミイ尽くしなこの頃。ポーチもすごく可愛くて愛用しています。

ほぼ日の引き出しポーチが欲しかった身なので、

代用になると思いました。

 

本当はミムラ姉さんが一番好きなんですが、

グッズになりやすいのはミイですね。

かわいいし。

 

腕時計つけるの久々なので違和感すごいです。

手錠かけられてる気分。

でも付いてるのはミイだよ!うれしいね!

 

↓InRedの付録はこちら。

 

これもけっこう大きいです。

 

mipoach1tky.jpg

 

ミムラ姉さん!!

なんかいろいろ入ってますが。

 

mipoach3tky.jpg

 

ジップケースも付いてました。

 

mipoach2tky.jpg

 

ステッカーも付いてましたが、

スマホケースに貼っちゃって撮るのめんどう……。

 

昨日の夜に「こぐまのケーキ屋さん そのよん」

も届いて幸せな気分です。

 

キャラクターは良いですね。

癒やされます。

 

 

  


同情と後悔

今日は、ちょっと真面目な話をします。

 

本当はそんなに悪くない

 

大人の小論文教室 Lesson938 悪者にされている言葉


これを読んで、思ったことを書きます。

面白いので、良かったら目を通してみて下さい。

筆者は山田ズーニーさんという方です。

 

かわいそうだと思われたくなくて、弱みを見せたくなくて、

同情を嫌う気持ち、正直、私もよくわかります。

同情は、相手のためにならないこともある。

 

後悔していても時間の無駄、これもよくわかります。

後悔は悪いもので、悔いのない人生を送るように謳う人は多いです。

 

でも、本当にそうだろうか?

という話です。

 

かわいそう

 

同情については、

夜廻り猫3巻の、279話「かわいそう」

を思い出しました。

 

子が生まれつき斜視で、苦労した親子の話。

親は「苦労をかけた」と泣いている。

でも、子は「得した」と笑っている。

 

こんな子のように生きるのは、

すべての人にはできないかもしれないですが、

なんだか刺さるものがあります。

 

いろんな障害や問題を抱えた方が世の中には沢山いらっしゃいます。

自然災害などの被災者も、たくさん。どうしようもない。

身近な人と喧嘩した、失恋した、病気した。いろいろあります。

そんな人に、同情してはいけない、しかも最も適切な対応をとらなければならない、

と肩に力を入れてしまう人もいます。私もそのひとりです。

 

「あれを言ったら傷つく」「こういうことをしないで」「けっきょく正解はない」

 

まあ、どういう気持ちになったなどは正直に言わないと、

お互いを理解できなくなってしまうんですが、

でも、絶対に同情しないって、誰にでも簡単にできるでしょうか。

 

今自分が辛くて、周りも重たい気持ちにさせたいですか?

それは、ないですよね。

 

あんまり、相手に重く考えて欲しくないからこその、

同情されたくない、だと思います。

 

沢木耕太郎さんのミッドナイト・エクスプレスだったかな?

という紀行文にも、外国で乞食の子どもにお金をせがまれて、

あげてはいけない、と一瞬思ったけど、なんで?と思い直した、

という話も、思い出しました。

あげればいいじゃないか。あげたいんだから。

 

ずっとモヤモヤしてたことが、

スッキリ解消しました。

 

でも、たまにいるんですが、

何かと私の苦労話を引き出したがる人とか。

同情したい、善人になりたい、というタイプの人は、

やっぱりちょっと苦手です。

 

私は弱いのかもしれません。

同情されると、それが露呈して、

相手と対等でいられなくなる。

 

でも、対等だと信じられたら、

同情も怖いものではなくなるのかもしれません。

 

 

 

後悔するということは、脳が正常に機能しているということ

 

後悔については、以前こんな動画をみたのを思い出しました。

 

↓TEDの動画はこちら。

キャサリン・シュルツ 後悔を後悔しない

 

後悔という感情は、脳の眼窩前頭皮質という部分が制御していて、

絶対に後悔しない人生を送りたいなら、そこを摘出すれば良い。

 

自らを完璧主義者だと語る講師のキャサリン・シュルツさんは、

そう言います。

 

「ロボトミーと言うんですけれど」

 

……絶対いやですね。

 

動画の最後の方で、講師はこのようにも言っています。

 

「目的があって、夢があって、ベストを尽くそうとするなら、

そして人を愛し、その人を傷つけたり失いたくないと思うなら、

うまく行かないときに痛みを覚えるのは当然です。

 

大切なのは後悔しないで生きることではなく、

後悔する自分を嫌いにならないことなのです」

 

私自身も、専門学校じゃなくて大学行けば良かったとか、

どうしてあんな物買ってしまったのかというレベルの後悔とか、

逆になんで買わなかったのかとか、

ひどいことを言って人を傷つけたり怒らせたり、

いろいろ後悔してきましたが、

今の自分を構成する後悔も含めてすべて、

受け入れるようにしたいと思いました。

後悔とは、同じ失敗を繰り返さないための、

痛みなのです。

 

このスピーチは、後悔とは、人のもつ可能性を指し示してくれる、

とても大切な感情なのだと教えてくれます。

 

まとめ

 

悪者にされているけど、実は大切な言葉や感情、

探せばもっとあるかもしれません。

 

まあ、違和感のない程度の生き方ができるといいですね。

違和感を感じると思ったら、前駆者がいたと。

 

 


ポムまみれ

ハロースイートデイズのおかげでプリン熱再燃しました。

公式でポムバサダーとか募集してるけど、

リアルグッズは全然持ってないんですよねえ。

 

LINE着せ替えとLINEスタンプなら持ってますが。

 

ポムバサダーかあ……なってみたい……。

 

突然「ゴールデンレトリバー飼い始めた」とか言い出したら、

プリンのぬいぐるみを買ったんだなと思ってください。

 

ちょっと前までのニコッとタウンのマイルームこんな感じ。


猛毒展レポ(爬虫類注意)

もう終わってしまいましたが、

猛毒展のレポートを書いていないと気づいて急遽、

思い立ちました。

 

札幌パルコで3月22日(金)〜5月7日(火)まで開催されていました。

毒をもつ世界中の生き物が展示されていて、とても貴重な機会でした。

 

けっこう気持ち悪い生き物もいるので、

苦手な方は、見ないようお願いいたします。

もし不快な気分になられても責任はとりませんので、

大丈夫な方のみ、お進み下さい。

 

あと、写真が超下手です。

写真の下手さで気分が悪くなるかもしれません。

大変申し訳ありませんが責任は負いません。

 

続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

オススメ

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

使用素材のHP

Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *