お絵描きのコツメモ2(縦ロールヘア)

今日は縦ロールヘアについて語っていきます。

 

縦ロール……むむむ。

何度か描いてきたけど、あんまりうまく描けません。

複雑になびくときとか、どうすればいいの。

 

というわけで、本来縦ロールの設定の子を、

ゆるいウェーブにして描きました。

やっぱこの子はコレジャナイ感。

 

 

とりあえず、髪の毛だけ練習してみました。

上の段は、よくわかんないけど必死に縦ロール描いてみたの図です。

汚いです。

一番左上は気にしないでください。

 

 

左下は、ほかの方の描く縦ロールヘアを観察しつつ、

塊になってる部分を、少し細かく割ってみました。

 

こ、これだ!!!

私の描きたい縦ロールの感じは!!!

下の段右側、同じ過程で再現してみました。

 

いい感じです。

 

悪くない。

 

髪の毛は、太い塊に細い塊をちょっと足してあげると、

立体感というか、毛束感というか、動きというか、

が出る気がします。

 

実際イラストで応用できるか、

描いてみました。↓

 

 

いいと思います。

向かって左の髪の毛がキレイに描けた気がします。

 

もう秋終わったけど、読書の秋がテーマです。

 

まだまだ研究が足りないですが、

縦ロールヘアの描き方で気づいたことでした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

↓ポチっとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ
にほんブログ村


お絵描きのコツメモ1

久しぶりに浮上します。

ずっと放置してましたが、最近ちょっとやる気出て、更新したくなりました。

 

アタリってすごく大事だなと実感した話です。

 

PCがブルースクリーンで落ちるようになって、

しばらくアナログでお絵描きをしていました。

 

すると、色付きのシャープペンを下絵に使うのをオススメする方をちらほら見かけます。

薄くて見づらいんじゃない?仕上がりのイメージ変わっちゃうんじゃない?

と半信半疑になりつつ、とりあえず買ってみました。

 

結果、とてもよかったです。

いままで黒のシャープペンでアタリやらラフ下絵を描いていたのですが、

水色を使ってみて、黒で下絵まで描くよりずっといいことがわかりました。

 

黒で下書きすると、消す作業が多いんです。

 

前置きが長くなりました。

アタリの話です。メモがき程度で本当に申し訳ないんですが、

↓の絵は、左がアタリ無しで描いた立っている女の子、右がアタリ有りで描いた同じ女の子です。

 

 

もう、全然違いませんか?

アタリも下絵も無しに一発ですごい絵を描く神様もいますが、

私にはそのような神業は無理のようです。

 

アタリのあるなしで、同じ人が同じ時間に描いても、

こんなに違う!ということが言いたかったのです。

 

それだけです。

 

描き続けていると、ちょっとした発見が積み重なっていきますね。

それが糧になって、少しずつ成長している自分を感じることが、

モチベーションのひとつです。

 

あとは描きためたラクガキなどを、ぼちぼち上げていこうかなと思います。

 

 

そうそう、プリンタースキャナー複合機も、新調したんです。

PCはもうちょっと後で新調します。

新調する前の画像は微妙に微妙です。

 

水色の線の消し方は、Photoshopで画像を取り込み、

[イメージ]→[色相・彩度](ショートカットはctrl+U)→でシアン系を100にすると消せます。

 

冬っぽい絵を描きました。

 

 

はやくブルスクる心配のないデジタルのお絵描きがしたいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ
にほんブログ村


樹形

他にもあるけどとりあえず。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

profile

オススメ

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

使用素材のHP

Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *